Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

Chimayo vest

      2014/01/31

P1020456-thumbnail2

今日は久しぶりにニューアイテムの紹介です。CENTINELA TRADITIONAL ARTS (センチネラ) のチマヨベストが入荷してきました。

アメリカンカジュアルフリークなら一枚は持っていたい、インディアンラグを使ったウールベスト。チマヨベストというとORTEGA'S (オルテガ) がまず頭に浮かびますが、このセンチネラも伝統ある工房のひとつです。熟練ウィーバーを抱えており、芸術品としての価値はむしろセンチネラの方が高いとされています。

僕も学生の頃から憧れるアイテムのひとつでしたが、「ん~ いい値段だ…」 となかなか手が出せませんでした。というよりそれ以前に欲しいものがたくさんあってなかなか辿りつかないアイテムでしたね。まだ大した知識もなくて持ち物も少ない頃は、ワークやカレッジ、アウトドアなど細かい線引きは知らず (あの頃からジャンル分けってされてたのかな?)、大雑把な “アメカジっていうスタイル” の中でちょっと目立っていたのがバイカーズとウエスタンスタイルでした。僕は後者の方になびいて行ったわけです。

僕が学生の頃の横浜は、ブーツカットデニムやウエスタンブーツ人口が結構多くて、フリンジ付きのレザージャケットやテンガロンハットを身に着けている人もそんなに珍しくありませんでした(あ、それでも合コンにテンガロン被っていって女のコにドン引きされたというような挑戦者な人の話もそれはそれであります)。

こういったスタイルは様式美を重んじるといいますか、ベストは無地T かウエスタンシャツ、Gジャンの上に着るべしという空気がありました。ですので (ここから本題 )、

渋谷に出入りするようになってから、ラグベストをセントジェームスのボーダーT の上に着たり、ショートパンツと合わせている人たちを見た時にはかなりビビりました。ラグベスト自体がそんなに一般的なアイテムではありませんでしたから、渋谷・原宿のショップスタッフなどhipな人たちのスタイルではありましたが、ちょっとしたカルチャーショックでした。

そんなことがあったので僕もあまりこだわらずに色々なアイテムとの組み合わせにチャレンジしましたが、クセがありそうなのに意外とすんなり合わせられるんですよね。

ベースと柄の色組みはウィーバーの感性によりますからそのバリエーションはかなりあります。収集癖をくすぐられるアイテムですが、初めての場合はライトグレーやベージュのようなベースカラーが薄めのものをお勧めします。赤とかターコイズブルーのものもバシッと存在感があってカッコいいのですが、コーディネートの難易度はちょっと上がりますからね。

分厚いウールではないので一枚で防寒できるようなものではありませんが、組み合わせ次第で今から初夏まで、そしてまた秋口から使えますし、流行に関係ない王道のアイテムですからいいものを選んでおけば結局オトクなのです。

P1020458-thumbnail2

左からラベンダー、ライトオックス(グレー)、オートミールです。(\42,800+tax )
通信販売はこちらをご利用ください ⇒ Matthews Online store

ライトオックスの柄に使われているレッドとネイビーの組み合わせや、オートミール地のターコイズブルーはとても印象的です。シンプルですがとてもいい雰囲気です。

ラベンダーは完全に趣味で発注しました (^ ^;)ゞ 。38サイズのみの入荷ですが、僕とお揃いでも構わない方は是非どうぞ。この色もキレイなのでおススメです。

 - Import Item ,