Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

ヘルメットおじさんベージュ参上

   


まずはお知らせとお詫びです。

現在このブログとオンラインストアを管理するサーバの引っ越し中なのですが、訳あって違うサーバに仮住まいしております。

来週あたりに新居へ移る予定なのですが、今の仮サーバとの相性が良くなくて、度々アクセスできない状態になってしまっています。新居でもこういう状態が続くようであれば、原因究明と解消に努めますので、今しばらくご容赦ください。

それまでに商品などについて訊きたいことなどありましたら、TwitterFacebook、メール(matthews_ykhm@yahoo.co.jp)にてお問い合わせください。

以上、お知らせとお詫びでした。


先月のこと。今年はなんとなく寒い日が早い気がして(と自分に言い訳して)、さっそくF/CE.®のBOMB JACKET 下ろしちゃいました。

着心地がふわふわでキモチよすぎて、出掛けたくなくなるくらいでした。

(何を買ったかはナイショなのさ)

六本木ヒルズ、テレ朝、ルイ・ヴィトン。この周辺だけあり得ないくらいキラキラしてました。

今発売中のBegin1月号がダウンも含めたアウター特集ですが、そこに河田フェザーというファクトリーの記事が載っています。


THE NORTH FACE に使われているダウンがいかにクオリティが高いか、という検証記事なんですが、F/CE.®×NANGA のダウンジャケットもここんちのダウンを使ってます。

ダウンウエア好きには(あと『陸王』好きにもw)面白い町工場ネタと思うので読んでみてください。「羽毛は化石にもなる位丈夫な素材なんです」ってなるほど説得力ありますわ。


アイテム紹介のブログではチマヨベストをインナーにしましたが、実際に街に出てみると、これはあまりオススメ出来ません。

見た目優先ならいいのですが、着心地ではウールの硬さが上に着ているジャケットの柔らかさを感じづらくさせてしまうという結果に。

逆に言うとチマヨベスト程度の厚みや硬さが気になるほどBOMB JACKET の着心地が(名前の割に)ソフトなんです。ふわふわ。

インナーにするならウールベストやジージャンよりもネルシャツやシャンブレーシャツ、もっといえば織物よりもセーターやスウェットなど柔らかくて伸び縮みもする編み物の方が合います。ラクです。


ポケットのスナップボタンをこんな下に付けても意味ないじゃん、デザインのためだけかと初めは思ったのですが、以前WILDSWANS のなかの人がこんなこと言ってました。


『バッグの持ち手にバックルを使うのは、見た目というよりは、固定させずに遊びを持たせることでその部分にかかる負荷を逃がす役割があるからなんです』

パチンと外れるまでは、縫製箇所に掛かる負荷を手前で受け止めているスナップボタンも同じ役割。だからこんな微妙な位置に付いてるんですね。よく考えられてます。


そしてF/CE.®のダウンアウターでよく考えてられていると言えばこのフードです。

ディティールがしっかりしているから、フードを下ろしても襟は下げずに首周りを冷気からがっちりガードしてくれます。やりすぎで時に暑いくらいです。

ヘッド部分はアジャスターで大きさが調整できるようになっているので、



これがこうなって、



これがこうなります。


頭から顔まで全方位に渡るフィット感。フードにもダウンがたっぷり入っているので、内側は月面にでも行くのかっていう位にヘルメット状態なのです。

お前達をぬくぬくにしてやろうか!

BOMB JACKET ‐ Matthews Online Store

 - F/CE.® ,