Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

見た目は地味だが

      2017/01/27


F/CE.®のWhole Garment Knit Capをオンラインストアにアップしました。

まず、編物とは

Jamegat-Wikimedia Commons

経糸/緯糸を別々にセットする織物とは違い、編物は手編みであれ機械編みであれ基本1本の糸で済ませます。

ですがセーターやカーディガンといった服の場合は、前身頃、後ろ身頃、袖とパーツごとに編んで、後から編み合わせたり縫い合わせて立体的に組み立てる作業がやっぱり必要になります。そのあたりはシャツやジャケットを作るのと変わりません。

で、ホールガーメントって?

ホールガーメントは和歌山のニットメーカーが開発した、一体成形編みの技術とその機械のこと。和歌山は昔から編物や織物、生地作りの盛んな土地柄です。


スウェットで筒状に生地を編んで脇部分の縫い合わせがない丸胴ってありますよね。表地、裏地、表裏を繋げる糸との3層構造のスウェット生地と組成は異なりますが、作り方のイメージとしては、太い丸胴(身頃)と細い丸胴2本(両袖)を裾から同時進行で編み始め、脇の付け根で出合ってから(赤い線から上)はさらに太い丸胴で胸回り、肩回り、背中回りをいっぺんに編み上げていくというなかなか理解しがたいテクニック。

「使うことが出来ます」って言われても、マシンの内部が一体どんな仕組みになっているのやらですが、例えるならニット版3Dプリンターのようなとにかく凄い技術なのです。

開発されたのは20年も前なのにもかかわらず、「なにそれ」「初めて聞いた」という人も少なくないと思います。上の動画を見ると分かりますが、ホールガーメントが注力されてきたのはレディースアパレルなんですよね。

女性ものニットはタイトシルエットも多いですし、メンズものではおおよそ考えられないようなルーズな編み目のものや透けるような薄手のものもあって(暗い色目のニットなのに、白い品質表示タグが透けて見えちゃってて、あららwと思うことも)、膨らみやすく目にも付きやすい縫い目は無いに越したことないからです。メンズものにそこまでの需要はないので、聞いたことがなくても当然です。

ただ、近々その名前が一気に浸透するかも知れません。ユニクロが絡んできたからです。

ファーストリテイリングは27日、繊維機械大手の島精機製作所とニット衣料を手掛ける共同出資会社を発足したと発表した。ファストリにとってセーターなどのニット商品は「ユニクロ」の秋冬の主力商品のひとつ。縫い目のないニットの製造など高い生産技術を持つ島精機と組むことで、品質や機能性を高めたニット衣料の開発につなげる。 (中略) ファストリはイノベーション社を通じて、無縫製でまるごと編み上げることができる横編み機「ホールガーメント」を使った衣料品を開発・生産する。同編み機を使えば、デザインの自由度や手触りが向上するほか、生産効率も高めやすくなるという。欧州の高級ブランドや大手アパレルのニット衣料生産にも使われている。

上で挙げたような縫い合わせる手間が省けるということは、人件費を削れるということです。もちろん誰でも扱えるマシンではないので、そっち方面の人材育成は必要でしょうが、一度セットしてしまえば仕上げの手前まで人手が必要ないとなれば、同じ形のものを色違いサイズ違いで揃えるユニクロのようなメーカーにとってはかなりのメリットでしょうね。

個人的にはヒートテック(苦手)に代わるインナーとしてメリノウール100%のTシャツ作ってほしいですね。保温性だけでなく排熱性吸湿性柔軟性弾力性どれもにおいて、実はコットンに余裕で勝っちゃうマジックマテリアルなんです、ウールって。

アンダーウエアすぎずスポーツすぎずフツーの形のTシャツ(そういうのはモンベルでやってるし)。縫い目のまったくないフツーのTシャツって見た目のインパクトありそうですよね。作ってくれたらお試しに買ってあげてもいいですよ。

肌に近いほど良さが分かる

販売する側が、ウールニットの本丸ヨーロッパでも称賛される日本発の技術を誇りたい気持ちもわからなくはないのですが、モノが「ホールガーメントだから凄い、えらい」ということでもありません。「今までになかった革新的な」とか「一線を画す」などと自分で作っているでもないのに言い出すところは話半分でいいでしょう。

マツシタが思うホールガーメントの一番のメリットは、

 

縫い目が存在しないことでテンションが均一に分散する

 

ことです。

例えばフィット感のある薄手のニットカーディガンを着ているとしましょう。両腕を下ろした姿勢の時は問題ないですが、腕を高く上げたりすると脇下にツンと引っ張られるような感覚がままありますよね。あれは脇下の縫い目が編地に比べて伸びないからです。

明るめでも渋い色合いのキャメル

ホールガーメントはそういうバランスの悪さがないので、抜群のフィット感があります。このニットキャップも緩くもきつくもなく優しく包まれているかのような絶妙な感覚です。

逆に言えば、フィット感を重視しないセーターなどでホールガーメントを用いられても恩恵はあまりないでしょう。インナー使いがメインとなるカーディガンやプルオーバーならあやかれると思いますが、ホールガーメントはあくまで製法なので、素材としてのウールの良し悪しに因るところもありますしね。

チャコールグレーはモノトーンスタイルに。真っ黒じゃないところがポイント

たとえざっくりしたローゲージニットが低コストで編めたとしても、コンピューター制御のマシンを使って日本や中国、東南アジアで作った“アラン”ケーブルセーターなんて欲しくもないですよ。伝統に則ってローカルで作るから意味があるアイテムってありますよね。


素肌に近いほど良さの分かるホールガーメント。その点ではセーターなどよりニットキャップはシンプルですけど適しているのかもしれません。ケーブルニットキャップに比べると細くて柔らかいウール糸を使っているので触感もソフトですし、二重で厚みもあるので防風性防寒性もバッチリ。



こうやって袋状に編んだものを折り込んで重ねてるのかと思ったのですが、どんだけ目を凝らしても頭頂部に縫い留めの糸が見えないんですよね。どうやって作っているのでしょうね。不思議だ……。

手に持っただけでは気付きませんが、被ると「あ、なんか違う!」と感じてもらえるニットキャップなんじゃないかと思います。

Matthews Online Store

 - F/CE.® , , ,