Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

Make America Unite Again ?

   

27149010964_63e45ef3c4
Make America Great Again hat / gageskidmore

いや、驚きました。だってそうでしょう?

選挙期間中あれだけヘイトスピーチを繰り返して、具体的な政策もほとんどプレゼンせず(というか知識不足で出来なかった)、所属している党重鎮からは軒並み拒絶された政治経験ゼロのオヤジが、エリートを打ち負かしてトップに登りつめてしまいました。アメリカンドリームと言っていいのかはともかく、ここまで彼の国のエスタブリッシュメントが嫌われていたとは思いませんでした。


「これだけヘイト発言振り撒いて、ヒスパニックから黒人から女性から嫌われちゃったら勝てないでしょ。というか本人もう勝つ気もなかったりして。なんだかんだ最終的にはオバマの流れを汲むヒラリーが勝つんだろうし」というのが、テレビやネットのニュースから受ける印象でしたが、いざフタを開けてみればご覧の通り(ただし、これだけ真っ赤でも総得票数はヒラリーの方が上)。民主党の牙城である北東部やカリフォルニアでも、都市部から離れると実際にはトランプ支持者が多かったことも分かります。

映画評論家でアメリカウオッチャーの町山智浩氏が、ニューヨークのあるエリアでのトランプ支持者たち "Proud Boys" の集まりに突撃取材をするというニコ生特番での一幕。面白いので最初から見るのをオススメしますが、怪しいケムリの匂いでテンションが上がりまくっているので、耳障りな人は18分あたりからどうぞ。

白人であることの誇り(proud)とは何ともな名前ですが、実際このグループには黒人もアジア系も居て、トランプ支持者=マジョリティの白人男性というマスメディアから受ける印象とすでにズレがあります。単に「大統領に黒人や女なんて」というワケではなく、(ラリってはいるものの)しっかりした政治的意見も持っているんですね。私自身もですが、日本は政治が遠いなあと考えてしまいました。こんなに話せませんもの。

 

アメリカ好きとしては、特にオバマ(&ミシェル)の後だけにショックが拭い切れませんが、とにかくこれから4年間、あちらの代表はトランプ氏と決まったわけです。

大統領としては、前言どうあれ良い方向に変わるのであればウエルカムでしょうし、早速勝利演説では「すべてのアメリカ人の大統領になる」と殊勝な内容に変わっていますが、前出の彼のような人ばかりではなく、これまでのトランプ氏の言動で起動してしまったマジョリティ終末期の断末魔を治めるのはとても難しい仕事になるだろうと感じています。

 - 日記 ,