Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

ラブリーなスウェット

   

RIMG0821

使い回し度抜群の一枚

National Athletic Goodsのラグランスリーブスウェットをオンラインストアにアップしました。うっすらとブラウンミックスのボーダーになっていて、赤や茶系の多いアメカジウエアとの相性抜群です。

RIMG0810_03
【Jacket】 Lee Used Westerner
【Sweat】 National Athletic Goods Raglan Warm Up
【Jeans】 Lee Archives 101Z
【Shoes】 Russel Moccasin Zephyr Boots

と言いながら急に春めいてきたのでちょっとクリーンなカラーリングがいいなと思いまして、赤のかけらもないコーディネートですけど。

RIMG0812
着丈の短さで有名なWesterner jacketですが、こんな風にインナーと色が被るとバランスの悪さは案外目立たないのです。コーディネートはアイディア次第。

RIMG0813_03
色合いが物足りない場合はベストを間に挟むのもアリです。

RIMG0818
もちろんチェックネルとの組み合わせもかかってこいなのです。個人的にはこっちの方がしっくりきます。

そもそもこんなプレーンなスウェットで合わせられないものなんてほとんどありません。見た目は地味ですが、日本産のコットン100%生地なのでフィット感もほど良く、肌当たりも非常にソフトで着てみるとすごく使いやすい。スウェット界の黒木華みたいな存在です(はなじゃなくてはる、なんですってね)。

ラグランスリーブの歴史と着やすいワケ

ラグランスリーブは、ご存じ襟リブからハの字を書くように袖付けがなされている縫製仕様で、比較的新しい年代(1950~1960年代以降)のスウェットに使われています。「ラグランよりセットインの方が古い」なんて言い方しますよね。

ですが元をたどると、身生地を余らせなくても脱ぎ着が簡単にできるようにミリタリーウエア用に考案されたもので、1850年代とかなり古めかしいディテールなのです。

キャプチャ

 

これはLevi'sの、まだブラウスと呼ばれていた頃のデニムジャケット(1870年代頃)ですが、袖が肩から真横に伸びてますでしょ。お手持ちの洋服見てみてください。こんな真横に袖が伸びる服はおそらくないはずです(ウエアハウスがゴリッゴリの本気で作ったアーリーワークウエアで思い当たるのありますがw)。

これがセカンド、サードになるにつれて袖が下向きに付くようになり、ゆとりを持たせる必要のなくなった肩幅も狭くなっていきます。なぜ袖を下向きに付けるようになったかというと、

 

それが人間の身体的特徴に適っているから

 

です。普段両腕は体に沿わせて下ろしてますでしょ? 腕を横に突き出すのが基本姿勢なんて案山子くらいのもんです。

 

3213991714_9609df7000_mDetalle del Corte del Chorizo Magno / jlastras

イギリスのミリタリーウエア(後のトレンチコート)に採用されたラグランスリーブは、袖付けの角度に留意したことで、肩幅をさらにぐぐっと内側に持っていけるんじゃないかというアイディアです。

身頃と袖の接合部分が広くなれば、内側から見た肩口の輪っかが大きくなります。ソーセージが輪切りより斜め切りの方が面積大きくなるのと同じことです。これで腕の出し入れが容易になり、目的だった傷病者に着せたり脱がせたりが楽に行えるようになりました。

確かにBarbourのジャケットやSIERRAロクヨンパーカは脱ぎ着がとても楽チンです。肩幅を広くとる必要が無くなることで胸や背中回りがスッキリしたことで運動性能も上がり、脇下のユルさは基本下ろした腕で畳まれるのでジャマにもならない。後の時代にスポーツウエアのトレンドになるのも道理です。

何が言いたいかというと、

 

私はラグランスウェットが大好きなんです!

 

若い頃は両Vだハメコミだハラマキリブだなんて追いかけていて、ラグランスリーブなんて「それはトレーナーでしょ?」としか思っていませんでしたが(和製英語のトレーナーは当時蔑称でした)、着なれるとこの脇下のユルさがいとおしくてたまらない(笑)。

身幅が広めのラグランスウェットは、少し小さいサイズでも着られるんですが、最近古着屋でも「これは中学生か女の子じゃないとカラダ入らんでしょ」というサイズしか見つからず、国内ブランドも最近はどんどん古く深く突き進んでしまうのでなかなか作ってない。コットン100のラグランスウェットは今じゃ希少になってしまいました。

RIMG0820

ブラウンミックスのリブもいい雰囲気

アメリカが後進国だった時代

トレンチコートより時代は新しいはずのアメリカンワークウエアですが、トレンドは旧大陸(ヨーロッパ)主導。最先端は今も昔もまず軍用。階級社会の恩恵に与れずに新大陸に移ってきた人たちの、ましてや民間の服装知識なんて、一枚の布の両端をつなぎ合わせた筒をがっちゃんがっちゃんと組み合わせるくらいしか無かったってことですよね。

今でこそ「よくもまあこんな手間のかかるやり方を……」といわれるシャツ袖口のギャザープリーツだって、手首に下りてくるまでに全体的に細く絞っていく発想がなかったのか技術がなかったのか、やってることは割烹着の袖口にゴム紐仕込むのと大差ないですよ。知識や技術はないけど時間と人手はあった。そういう時代だったんですよね。

オンラインストアはこちらです。⇒ Matthews Online Store

 

 

 

 - Import Item, スタイリング ,