Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

new look, new style

      2018/03/14


あるインターネット番組に出演したファッションエディターの軍地彩弓さんが、政治家や起業家のファッションについて話していました。

どんな服を着ているかは、情報をどれだけ取り入れているかにつながります。古い服を着ているということは、その時代でその人が止まっていて、先に進んでいない。

いい素材で丁寧に作られた洋服というものは、長く着られるし着てあげなきゃいけないというのが基本のスタンスなので、何でもかんでも新しくすればいいとは解釈しませんが、体形があまり変わらないのをいいことに、20年以上着続けているものがある身としては耳が痛いですね(笑)。

お客さん、外国人しかいなかった

何か始まってたぞ原宿

先日青山での展示会帰りに、チョー久しぶりに原宿・渋谷を歩いてみました。

インバウンド爆発継続中でしたが、大声で騒ぎながら移動しているとかも自撮り棒もほとんど見かけなかったので、旅行で来る人たちも慣れてきているんだなと思いました。外国人ホント多かったです。

コラボっていっても考えてみたら自社ブランドじゃんね

NHKの近くに出来た話題のHotel Koe Tokyo。2階がアパレルストアでしたが、Thom Browneをフィーチャーしたといっても華やかなのはこの一角だけで、フロアの印象は無印良品やユニクロとあまり差がないような……。

鳴り物入りでお披露目されたランドマークといっても押しはさほど強くありませんでした。それがクリエイターやデベロッパーのセンスのなさとは思えず、若年層が減り続ける日本における渋谷エリアのこれからの在り様に対して示した現実解のひとつかと思うと、あまり明るい未来は感じられませんでした。


使いづらさから再開発の悪代表の渋谷駅に近づくにつれてカオス度もうなぎのぼり。圧倒的な情報量とエネルギーを浴びさせられて帰り道はぐったりでした。若者の街って、体力の消費量が半端ないから若くないと居続けられない街のことなんだと痛感しました。

記事に触発されて渋谷再デビューしようとしたわけではありませんので(笑)。念のため。


バースデーメッセージへの返礼の形をとっていますが、これは「年齢ってただの数字だよね」の宇多田ヒカル流エールです(「35歳って、日本語で考えると年取ったって感じるけど、英語だと若いって感じるのウケるよね」)。

今や「呪い」(by百合ちゃん)と言われるまでに擦り込まれた「若いって正義!」を前にして、オーバー40どうしましょうかをちょっと考えてみますとですね、そこに悲観も諦観も若作りも必要なくて、ただ新しいものを掴みにいく姿勢はあっていいと思うのです(不要だったらリリースすればいいだけ)。

洋服に限ったことではなく、行ったことのないメシ屋に入ってみるとか新しいレジャーに挑戦してみるとか(スケートボードなんてどうですか?)、流行りの音楽を聴いてみるとか。

私も5枚6枚まとめてCDを買って「聴くかどうかは買ってから考える」みたいな真似はもう出来ませんが、月1,000円払ってSpotifyで新しい音楽はキャッチできてます。使っていなかったらMigosなんて聴かず輩認定で、今でもAerosmithの古いアルバム引っ張り出して聴いてたんだろうなと思います。

ですが、ファッションの場合は音楽サービスのように末端までインターネットが行き届いたからこその恩恵は実はそんなに多くありません。洋服やアクセサリーなどは、エンドユーザーがそれらを身に着けたことで変わった見た目に自らの気持ちが高揚したり、周囲の対応に変化が生まれることで初めて意味を成すからです。手元に現物ありきなんです。


ネタとしてバズりやすいから、「低迷するファッション業界もインターネットで変わる」ってWBSみたいな切り口たくさんありますけど、あれはだいぶ川上(企画・生産)でのお話であって、AIにオシャレ度判断してもらうのでもない限り私たちにはあまり関係はないのです。

ZOZOSUIT(オーダーしたけどちっとも届きませんね)で企業が得る莫大な顧客データとそれをメーカーに売る利益に比べて、私たちが得られると予想されるのは、ZOZOで買い物をするにあたってのサイズのサジェスチョンくらいです。

実際に店に行けば、

「このブランドだとジャストサイズはSですね~」
「でもこういう細身のパンツが多いなら、ひとつサイズ上げた方がハマると思いますよ」
「お客さんの肌とか髪の色だとこの色の方が合いますね。え、この色着たことないですか? お似合いになると思いますよ」

こういう情報は一度で得られます。しかもあなたにパーソナライズされた情報がです。

そしてデキるスタッフであれば、次はあなたが来たことも何を買ったかも覚えていて、「どうでしたか?」とフィードバックを欲しがり(言いたいよね~)、近くの美味いラーメン屋までサジェスチョンしてくれます。

インスタグラムでどれだけ写真を見たところで自分の見た目は1ミリも変わらないし、ショップアカウントも「これイイと思ったら店に見に来て!」が本音ですよ。彼ら彼女らの本領は写真を上手く撮ることではありません。

話があちこちに飛んでしまいましたが、私も44にして新しい服にチャレンジしてみます。今シーズン入荷商品のハイライトだと思ってます。

 

 - F/CE.®, 日記 ,