Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

クラシックなスウェット

      2018/01/14

P1010647-thumbnail2
新しいスウェットが入荷しました。ヘラーズ・カフェのインディアンパターンです。

幾何学模様が身頃部分にぐるりと一周プリントされています。プリントものに見慣れているとこういう柄はかなり新鮮ですよね。Tシャツで横縞でぐるりと柄が入っている古着はたまに見かけますが、それでも一重がほとんどです。1930年代のモチーフということで縫製もクラシカルに総2本針仕様です。

スリーブを縫いつけてそのまま肩線も縫っています

スリーブを縫いつけてそのまま肩線も縫っています

肩線とスリーブ付け、袖リブとスリーブ本体はそれぞれ一発で縫い上げられています。こういうところで手を抜かない、人の手をかけるところには惜しまずかけるという作り手の気持ちが製品にも表れてますね。

新品状態は少し茶色っぽくくすんでいますが、これは無漂白オーガニックコットンが混ざっているからです。何度か洗濯洗剤にさらされればすっきり抜けて白っぽいオートミールカラーになります。実はウエアハウスは以前もこのタイプを作ったことがあります (一番上写真右 )。もう5~6年ほど前になりますでしょうか…。

縫製仕様がほとんど変わらないので、参考のヴィンテージも両者同メーカーなのではないでしょうか。当時も色々なメーカーが生産するほど一般的なスタイルではなかったのでしょう。

0001120-thumbnail2
こんなクラシックなコーディネートや…

0001121-thumbnail2
こんなレトロアウトドアな合わせ方がいい雰囲気出そうですよね。上の写真では180センチが未洗いの42サイズを着ています。洗うとここからグッと着丈が詰まり、身幅は脱ぎ着を繰り返して逆に伸びてきます。

着た時に身幅の広さでボーダーが歪むくらいになってからが本領発揮です。その頃には茶色っぽい色味も失せているでしょう。インディアンパターンは久しぶりのリリースですので、気になる方はお早めにどうぞ。

 - WAREHOUSE