Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

バングルのフィット感

      2016/10/20

Exif_JPEG_PICTURE

舘ひろしじゃないよ

前回紹介しましたシルバーバングル、「着けた状態で幅や高さを締めていただくとサイズの微調整が出来ます。」 というオンラインストアでの説明に、「具体的にどういうこと? 」 とご質問を頂いたのでここで改めて。

新品のシルバーバングルはどうにも手首での納まりが悪いものです。手首や腕を回す度にホネがグリグリ動くので、きつ過ぎずユル過ぎず手首を動かしてもジャマにならないようにするには微調整でのフィッティングが欠かせません。

udekokkaku01-thumbnail2

ヒトの上腕はこんな風に大きく2本のホネで構成されてます。上のシュワちゃん、ダイソンさん家での “腕ベリ” にしたかったんですが、とても描けなかったので(イメージだけは寺田克也風……)。 2本のホネは形状も太さも違いますので、綺麗な線対称のオーバルのバングルがフィットしないのは当たり前といえば当たり前です。

Exif_JPEG_PICTURE

手首にはめた状態で、逆の手で横から締めるのが一番手っ取り早いのですが、あまりやり過ぎると今度は下の隙間が狭くなって抜き差しするたんびに肌を擦ってヒリヒリになってしまいます。

Exif_JPEG_PICTURE
横からの締めはほどほどにして、次は上下から力をかけてサイドラインのアールを調整します。ターコイズなどの石が嵌めこんであるものは、あまりカーブをきつくすると石が外れやすくなるので要注意です。

Exif_JPEG_PICTURE

フィット感を確かめつつ調整を繰り返すと、このように左右非対称になるはずです。この非対称であることをひとつの目安にしていただくと、抜き差しもカンタンでフィット感もいい頃合いに出来ると思います。何にせよやり過ぎは禁物なので、ちょっとずつちょっとずつがポイントです。


ところでT-2 といえばこのPV。

イジーは居るしスラッシュはマッチョだしアクセルは痩せてるし、この頃がゴールデンラインナップでしたな、ガンズは。

エアロスミスが 「俺のアンコ食ったろ!」みたいな仲睦まじい内輪揉めしていたり、毛嫌いしていたネット配信を柔軟に採り入れたメタリカが新しいファン層を獲得しているのを見ると、このバンドの凋落は何とも残念ですわ。

 - Indian Jewelry, 日記 ,