Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

ベジタブルカラー・ネル

      2013/11/27

Exif_JPEG_PICTURE

カラフルなネルシャツだからこそ

そんなファッション用語があるわけではありません。思いついたので勝手に作りました。

ウエアハウスのネルシャツをオンラインストアにアップしました。
ここでも何度か言っていますが、ネルシャツは派手に見えるカラフルなものほど意外と組み合わせしやすかったりします。嬉しい誤算の多いアイテムなんですね。

カラーコーディネートの基本は「色を合わせる」です。
同じ色にするということではなく、シャツとパンツ、アウターとシャツ、パンツとインナーというアイテム間に色の関連性を持たせればまとまりやすくなるという意味です。
レッドならパープルやブラウン、グリーンならオリーブやカーキ、ブルーならインディゴやサックスなどなど、色にはそれぞれ兄弟の様な似た印象の色が存在するので、そういう色同士を組み合わせればいいということです。レッドのダッフルコートとブラウンのウールパンツ、グリーンのマウンテンパーカにカーキのレザーブーツといった具合です。

Exif_JPEG_PICTUREOnline Store

一枚でこれだけ多色のネルシャツならば、アメカジで使うカラーリングのものは大抵合います。
カラーリングが強いんですが鮮やかすぎないからか、この柄を見た時に多色のわりに柔らかい印象を受けたんですよね。ビタミンカラーよりはもっとオーガニックな雰囲気のある表現だと何になるかな……野菜か。

ということで勝手にベジタブルカラーと命名しました。少しオレンジがかったレッドと明るいグリーンのコントラスト、冬の寒空に柔らかい暖かさを加えてくれるナイスカラーです。

RIMG0256_02

⇒ Online Store

コーディネートのしやすいシルエット

ジーンズに合わせた時にオレンジのアクセントが活きるブルー。こちらもうっすらグリーンが使われているので、オリーブやカーキカラーのミリタリーパンツにもよくハマります。カーキのチノーズに濃いネイビーのタートルニット、オーバーシャツとしてコイツを羽織るなんてどうでしょう。足元はオックスフォードの革靴が良さそうです。

RIMG0261_03

【Outer】 ficouture Classic Down Blouson
【Shirt】 Warehouse Cotton flannel shirt pattern C 
【Sweater】Harley of Scotland Crew neck sweater
【Pants】 Keaton Chase Corduroy trousers

肩幅の狭いウエアハウスのネルシャツですが、身幅はさほど細くないので脇下が詰まった感触がなければジャストサイズでも小さく感じることはないでしょう。大体160~170cmでMサイズ、170~175cmでLサイズ、175~185cmでXLサイズが選ぶ目安ですね。僕は180cmでXLサイズ着てます。

着丈や袖丈は乾燥機を使って縮ませればグッと短くなりますが、あまり短いと胴長に見えてしまいますのでほどほどに。

 - WAREHOUSE, スタイリング ,