Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

RIDERS comes HERE !

      2018/01/13

P1000774-thumbnail2
ウエアハウスとリーのタッグには先日ご紹介したWhite Label があります。Lee White Label はリーのビンテージの中でもワークアイテムに注目し、アレンジを加えたリプロダクション (復刻) を通じて、食品会社から始まったLee Company の120 年の歴史を紹介していく、というスタンスです。

それに対しTHE ARCHIVES (ジ・アーカイヴス) は「これぞLee !」というアイテムをピンポイントかつ完全復刻でリリースしています。そして今回登場したのがLee の代名詞、101-J なのです!

Lee といえば御三家の一角を占めるデニムブランドとしてあまりにも有名ですが、それでもLevi's に比べて評価が低い気がするんですよね。マニアックだという人もいますが、同じ2ポケのデニムジャケットを比較すると、洋服の完成度は圧倒的に101-J が上だと思います。

P1000757-thumbnail2
P1000755-thumbnail2
入荷をかなり楽しみにしていました。ウキウキで段ボールから出してハンガーを通したところ、きれいに掛かりません。「あれ? 折りジワがずいぶんきついんだな」 とスチームアイロンをあててみて思わず笑いました。スリーブがものすごく立体的なパターンでつけられていて、Levi's 型のGジャンではまずありえないアイロンのあてにくさです。

tailor-made のスーツやレザージャケットならともかく、作業着であり既製品でもあったデニムウエアにここまで凝ったパターンを採用していたメーカーというのは、やっぱり変わっているのかもしれません(笑)。

P1000761-thumbnail2
P1000767-thumbnail2
スチームをかけ終わりました。どうですこの立体感。こんな細いハンガーに掛けているのが申し訳なくなります。後ろ身頃が前身頃に比べて広く作られているので、自然と体型に沿うようになります。このあたりはウエアハウスが単独で作っていた頃から再現されていましたが、クッと持ち上げられるような脇下のホールド感は初めてですね。

P1000760-thumbnail2スリーブがナチュラルにカーブしています。アームホールが細くてキツイ訳ではないので、かなり考えて作られたシルエットなのだと思います。

P1000762-thumbnail2
P1000766-thumbnail2
P1000769-thumbnail2
前立てのステッチ、ボタンホール、襟裏の補強などなど、Lee ならではのディテールもばっちりです。

実はこの生地には、アメリカ産の無農薬オーガニックコットンが使われています。それはまだ薬剤が多用されていなかった当時の肥沃な大地で栽培されていたコットンに近づけるためです。さらに、堅牢度の低い硫化染料を下染めにしたインディゴデニムは絶妙なカラーと艶が出ています。オリジナルが作られていた時代背景をここまで追いかけるのですからすごいとしか言いようが無いです。

P1000773-thumbnail2
P1000771-thumbnail2
Lee のアイテムはサイズアップで着るほうが好きなのですが、このジャケットのきれいなシルエットはジャストサイズに浮気したくなりますね。

未洗いの状態ですが、Sweat の上から40サイズを着てみました (180センチ68キロです )。ここから着丈と裄丈が3センチずつ縮みます (袖カフス、身頃裾帯のそれぞれ2/3相当)。着丈の長いものが苦手な方はこのままのサイズでよさそうですね。

これは袖を通したフィット感を感じていただきたいジャケットです。ぜひ店頭に見にお越しください!

P1000784-thumbnail2
THE ARCHIVES Lee 101-J
PRICE:¥39,900-

 - Lee