Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

ロック論

   

論じる!と言うほどのものではありませんが昨日からの流れでつい…。
スターレス高嶋司会のNHK 「洋楽倶楽部80's 」。昨晩のゲストは伊藤正則。
とくればお題目は当然80's Heavy Metal!
かなり前の話ですが、大学生の僕が町田の店で働いていた頃のことです。
休憩室にヒロ・ヤマガタのポスターが飾ってありました。
芝生の上にいろいろなキャラクターが点在している「ザ・アメリカ」 のようなその絵には、
モンロー、JFK、ボブ・マーレーなど分かりやすいアイコンがたくさん載っていました。
その中に居た、長髪で肩にギターをかけたコイツは誰なんだ?という話になり、
しばらくして先輩のひとりが言いました。
 「エディじゃね? 」
その人の言うとおり、絵はエドワード・ヴァン・ヘイレンだろうというところに
落ち着いたのですが、海外ロックスターをファーストネームで言ってしまう感覚に
ハタチそこそこはド痺れました。
中学生時分のEurope 「The Final Countdown 」に始まり、
BonJovi 「New Jersey」 を経た僕のBillboard Top 40 (テレビ神奈川) 起源の
洋楽遍歴ロック編は、数年後に登場したGuns n' Roses にブッ壊されます。
AEROSMITH がまだヘロヘロの復活前で、存在を大して知らずにいた僕は
速攻でバンダナ太巻きにベースボールキャップを後ろ被りしました。
ライダースジャケットにホットパンツのスタイルを含めてアクセル・ローズかぶれは
TOKIO 長瀬やB'z 稲葉にもあった位ですから、
似合っていない僕が後ろ指を指される事もない時代です。
さすがに素肌にライダースまではしていませんが。
(「GET A GRIP 」 でPV に力を入れた復活後のエアロは、本人たちより目立った
劇中のアリシア・シルバーストーンの可愛さによって注目されてましたね )
CIMG2051.JPG > CIMG2054.JPG
CIMG2049.JPG僕を含めておそらく大多数のロックフリークが考える最強G n' R はIZZY がサイドギターをやっていた頃と思いますが、その頃の僕のアイドルはIZZY でもAXL でもSLASH でもなく、ベースのDUFF でした。
その頃のPV を見ても、そして今も変わらずカッコいいDUFF にはいつまでもロックしていて欲しいです!

                                   右がDUFF クロムハーツがよく似合ってます
ヴァンヘイレンのことを書こうと思ったらガンズとエアロネタになってしまいました。エディ頑張れ!
CIMG2057.JPG

 - MUSIC