Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

ケリーこそ!

      2013/12/15

Kelly20Sr.-thumbnail2

リアル・スーパーマン登場

例えるならマイケル・ジョーダンのようないや、捉え方によってはもっとスゴイのかも。

ジョン・ケリーはアイルランド移民の子としてフィラデルフィアに育ちました。ボート競技を10代の頃に始め、オリンピックでは3つのゴールドメダルを獲得した初のoarsman となりました。一芸に秀でたというヤツですね。

1度で8つもゴールドメダルを獲得してしまったマイケル・フェルプスなんていう怪物を輩出するスポーツ大国アメリカですから3つぐらいは特に目立つことでもないのかも知れません(ちなみにケリーのゴールドメダルは1920年代のお話です)。

Exif_JPEG_PICTURE

シングルスカルの全米チャンピオンになった後、兵役招集された陸軍内のボクシングトーナメントでは12勝無敗。終戦・除隊後に今度は独立リーグのプロフットボールプレーヤーとなりフィラデルフィア地区の連覇に貢献。独立リーグと言ってもこの頃はNFL も似たような規模ですからレベルがそう低いわけでもなさそうです。しかも2年目の優勝は初めてゴールドメダルを獲ったオリンピックと同じ年のようです。

なんだかスゴくなってきましたよ。

これだけひとつの分野で名声を獲得すれば当然政治の道を目指しますよね。現役を退いた後にフィラデルフィア州知事職にチャレンジするもそこは上手くいきませんでした。ゴリゴリの共和党王国に民主党から出馬しちゃったもんですから。

new20deal-thumbnail2

しかしそれでも当時の大統領フランクリン・ルーズベルト直々の指名でNational Physical Fitness Director という職に付き、1940年代のアメリカ人の体力向上に貢献しました(ルーズベルトはアイルランド系コミュニティと親密だったんですね)。ニューディールを導入したルーズベルトは、経済活動を活発化させるためにまず国民の体力を向上させる必要を感じていたのかも知れません。

Exif_JPEG_PICTURE

ところで 「BRICKWORK」 って?

実はこの人、スポーツ万能のマッチョマンなだけでなく一流のビジネスマンでもありました。軍属から離れた後、地元フィラデルフィアでレンガ(brick)製造の会社を興します。その時に自ら作ったキャッチフレーズが、「Kelly for Brickwork」(レンガ製造のケリー) だったのです。

不動産業者からの依頼で作ったレンガ製の煙突。煤溜まりでクレームが来た時こそビジネスチャンス! 業者をすっ飛ばして直接家主の元を訪れてさっさと修理。「ご用命はケリーまで」 とクルーの胸元にこのフレーズが書かれているわけです。商魂たくましい~~(見習わねば!)。

しかもですよ、経歴を見比べると会社経営やりながらオリンピック出場してますよ! そんなスーパーマンどこにいるん……と思ったらこんなところにいました(笑)。

しかしケリーの場合はゴールドメダル獲得にプロフットボーラーも兼ねてですからね。スポーツマンとしてはベーブ・ルースやジャック・デンプシーに匹敵するアメリカのスーパースターのひとりであり、ビジネスマンとしても一代で成功し、ミリオネアになったジョン・ケリー。

あともうひとつあるんです。彼の娘の名前は誰もが一度は聞いたことが絶対あるはずです。ケリーと、ファッションモデルをしていた妻マーガレットの間に生まれた次女、後に女優として大成し、モナコ公国大公妃になったグレース・ケリーその人です。

…スゴくないですか、この人?

Exif_JPEG_PICTURE

WAREHOUSE の新作プリントT 「KELLY FOR BRICKWORK」、杢グレーとオートミールが入荷しています。
オンラインストアにも掲載しました。⇒ Matthews Online Store

 - WAREHOUSE ,