Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

Keaton Chase コーデュロイトラウザーズ

      2018/01/13

RIMG0194_02-thumbnail2

Keaton Chase のコーデュロイトラウザーズをようやくオンラインストアにアップしました。

「で、どうですか? 最近ブログとかそっちの方は?」

先日の飲み会でのヒトコマですが、まぁ当然訊きますよね訊かれちゃいますよね。

仕事環境が変わったここ数か月、入荷シーズン谷間のためにオンラインストアの更新がほとんどなかったのは事実でしたが、ブログの更新にもこれほどブレーキがかかるとは本人思ってもみず。

「そんなのやる気次第でしょ!?」

と言われてしまうと(実際に言われてはいませんが) 一理も二理もありますが、僕のやり方は写真の構図や言い回しが “下りてくるの待ち” です。イメージしたレイアウトに近い写真が撮れたり良いフレーズが思いつけたら、そこをキーにしてどんどん書き足していきます。エンジンがかかればドバーッと長文ブログになりますし、9割消去して書きなおし、もあります。

コアフレーズさえ活きていれば。例えるとこんな感じです

コアフレーズさえ活きていれば。例えるとこんな感じです

残った1割からの書き直しは、最初に思いついたものからかなり違った着地になることも多いのですが、出来上がりが読みやすくて面白いものになっていれば、それが “書きたかったこと伝えたかったこと” です。消しちゃったものはしょせんその程度、本当に伝えたいことならそれでも頭のどこかに引っかかってまたいずれ出てくるでしょう。

環境が変わってなかなか 「下りてきて」 くれないんですよね。印税で食ってる大御所ミュージシャンみたいなことを言っていられる状況ではないんですが、上手く撮ったつもりの写真も生活感が中途半端に映りこんでしまい、店にいた時にも 「写真が上手く撮れない!」 なんてつぶやいたりしていましたが、あれがいかに恵まれた環境で、自分のアウトプットがいかに環境に左右されるのかを痛感しています。

でも、メーカーから貰った資料のですますをちょっといじってコピペみたいなブログやサイトではいやなのです。僕自身が読んで面白くないんです。

細畝のコーデュロイに後染め&ウオッシュ加工でしっとりした肌触り

細畝のコーデュロイに後染め&ウオッシュ加工でしっとりした肌触り

Online Store

言い訳はそのくらいにして・・・

近年のアメリカンブランドでも見られる、ミリタリートラウザーズを細くモディファイしたシルエットです。前股上をぐっと浅くしてヒップハングにしつつも窮屈感が出ない様に腰回りは横に広げてあります。

実寸ウエストは表示よりもかなり大きいですが、その分ポケットはかなり使いやすくなっています。ディテールを見ると、ネタ元はあのブランドかな~とやんわり想像もつきますが、クリエイティビティ―はなくともシルエットが綺麗でつくりがしっかりした無◯商品的安心感は、デイリーユースのパンツとしては十分ではないでしょうか。日本製ですし。

いつものジーンズやチノパンよりちょっとだけ上品なイメージ。全身のサイズバランスに気を配れば、去年のウールパンツの時と同じスタンスで臨めばいいかなと思います。

ああ、何というステキ背景……

ああ、何というステキ背景……

中途半端な生活感の映り込みはイヤですが、かといってモノ単品にクローズアップした写真ばかりもいかがなものかと思っています。結局洋服なんて、コーディネイトして、履いたブーツのヒモ締めて、外に出て初めて意味のあるものですからね。

まだ模索中&モチベーション賦活中の日々が続きそうです。アメリカの生活感溢れる写真はあんなに好きなのになあ。

 - Keaton Chase, 日記 ,