Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

今月は “MADE IN USA”+

      2014/01/12

Exif_JPEG_PICTURE

今月号のHUGE は “MADE IN USA” 特集。これは買いでしょう。

Choctaw Ridge のBrooklyn、Archival Clothing のPortland と、今のアメリカをフィーチャーした、個人的にもドンピシャな内容です。今月号はアメリカもの好き必読ですよ。この特集と連動させたエキシビションもあるので忘れずに見に行きたいと思います!

スーピマ綿だったとは。穿き心地いいわけです

スーピマ綿だったとは。穿き心地いいわけです

いまのMade in U.S.A.

ここに載っている人たちは現地の当事者ですので、“Made in U.S.A.” を私のようにをありがたがるというのはもちろんないです。でも、いわゆる経済のグローバル化が進んだことで発展もしたけれど、傷ついて無くしたものも少なくないと思った人たちがいるんですね。文中にある 「Think local, Act local」 というように、手の届く範囲のもので作り、周りにいる人たちに提供したい、言い方を変えればカウンターカルチャーのようなムーブメントのキャッチフレーズとしての “Made in U.S.A.” なんじゃないかと思いました。

製品カタログのページもありますが、メインは人と人との間に醸す空気感

製品カタログのページもありますが、メインは人と人との間に醸す空気感

今のアメリカ製品からは1970~90年代のもののようなケバケバしさやえぐみはあまり感じられません(当時はそうとも思っていませんでしたが、時代感というものでしょう)。そのマッスルさは今見ても色褪せるものではありませんが、「Think local, Act local」 のシンプルな考え方から作られる今のものは、時代にとても合っているんじゃないでしょうか。

日本でまた “Made in U.S.A.” が多く見られるようになったり、ヨーロッパのファッションでもアメリカライクなカジュアルが流行ってきていると聞いています。そんな同時代性のいいフィーリングに端っこの方で僕も浴しています。ま、未だに雑なところは雑なので(笑)、そのあたりは日本に任せておいていただきましょうね。

Exif_JPEG_PICTURE

Archival のRucksack、ちょっとアレンジしてみたくて眠ってるリングをセットしてみました。

Exif_JPEG_PICTURE

……イマイチですね。フラップにバッヂを付けるのがイチバンお手軽なのですが、コドモっぽくなりそうだったので今回は却下。この長いストラップを活かして何とか出来ないかと思っているんですけれど、シンプルな割に案外隙のないデザインなのかも知れません。うーん、もう少し考えよう。

 - BOOKS&MOVIES, Import Item ,