Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

Reyn Spooner の…

      2018/01/13

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

ただ今店内は「冷房・28度・風向スイング有・弱風」+サーキュレーターで営業しております。冷房オンにする時期が予定よりだいぶ早いのですが、この気温ではカラダが先に参ってしまいますよね。適度にお世話になることにします。

この前、アメリカのあるエリアで取り入れられている面白い節電方法を聞きました。通常各家庭に引き込まれている送電線は1本だけですが、そこでは2本導入させて、1本を空調専用にするんだそうです。暑い夏の日の電力消費のピークタイムで電力供給量がリミット近くになると、その空調専用電線への送電を家庭(あるいは地区)毎に5分間だけ停めるんだそうです。

ポイントはエリア全域まとめて5分ではなく、ずらしながらというところです。

14時から14時5分はA地区オフ。
14時5分から14時10分までB地区オフ(A地区はオン)。
以後C地区5分、D地区5分……という風にです。

以前の輪番停電の細かいユニット分け・超短時間・対象機器限定版といったとこでしょうか。目的はピークを越えないことですから (越えたらブラックアウトです)、微調整しながら山をなだらかにしていくんですね。

5分程度であれば室温が急激に変わることもなく、例えばそれがエリア内を12地区に分割とすると、1時間の作業で 「5分×12地区=1時間 /1地区」分の電力が浮く計算です。それをピークタイムの数時間繰り返せば、各家庭は1時間に5分間空調が停まるだけで1地区×実施時間分の電力消費が抑えられると。

合理的でアメリカらしいシステムだなと思いました。さて本邦。

今日は東京電力の株主総会でしたね。ツイッターで追いかけていましたが、何ともピントハズレな議事進行だったようです。9,000人以上の出席株主を前にして、「100万人以上の株主からの委任状をもらっていますので」と提出議題を都合よく可決または否決。確かにそうなんだろうけれど、それ言っちゃダメでしょう。

都内のいいホテルのスペース借りて、しかも6時間ぶっ通し。アメリカやヨーロッパ各国のニュースで溜息まじりにリポートされるのでしょうね…。

Exif_JPEG_PICTURE

さて気分を入れ替えて!
暑いのでショーツの紹介です。Keaton Chase のパッチワークショーツが入荷しました。

どこかで見た柄ですよね…。
実はこれ、Reyn Spooner のコットンアロハのユーズトファブリックを使っているのです。お得意のリバースプリント(裏地使い)ですので、柄物のパッチワークでもうまくまとまっています。古着からパーツ取りしているのでこなれた感じもありますしね。

柄もカブリなしなので、どれにしようか迷ってしまうかも。数は少ないのでお早めにどうぞ。

Exif_JPEG_PICTURE

L サイズを穿いてみました

L サイズを穿いてみました

ショッピングサイトにもアップしてあります。通信販売はコチラをご利用ください⇒ Matthews Online store

 - Import Item