Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

すえっとのお話

      2014/05/15

P1010792-thumbnail2
以前のエントリーで初めて買ったLevi's 501 のお話を少ししましたが、今日は “スウェット編” と参ります。

僕は古着屋で両Vや染み込みのカレッジプリントを見るようになったのは結構遅くてですね、というのも、古着屋に行かなくてもアメリカ製の洋服はたくさんあったからです。まだ興味を持ち初めの頃だったこともあり、現行品で十分満足出来ていました。

高校生の頃、帰りに寄ったお店で初めて見たChumsのスウェットにガツンとやられました。まだトレーナー (こう呼ぶほどあどけないころの話なんです) といえば丸首とパーカーしか知らないティーンエイジャーです。

立ち襟でヘンリーネックになっているトレーナーも初めてでしたが、何より驚いたのは裾や袖がゴムリブになっていないことでした。

「な、何なんすか、これ?」

店員さんに教えてもらった ”Hurricane top” というその名前もカッコよすぎてクラクラしてましたね~。懐かしい。

日本向けのサイズアレンジなどされていませんから、結構ゆったりサイズでしたが、「アメリカ製だから」 とそんなこと気にも留めていませんでした。僕のピタピタサイズ嫌いはおそらくこの原体験のせいです。

「お 何それ。面白いカタチのトレーナー着てるじゃん」
「トレーナー? ふん(鼻息)、トレーナーじゃねぇよ。これは“すえっと”っつうんだよ」

あー 恥ずかしい。ワードとして覚えたての “スウェット” は、イコールHurricane topでした。501と合わせてホントによく着ていました。洗うたびに色落ちするのですが、うっかり忘れてまとめ洗いしてしまい、よくTシャツをピンクに染めてしまっていました。

P1010791-thumbnail2
そのおおらかな感じが、当時抱いていたアメリカのイメージとぴったりマッチしたこともあって、学生の頃はとにかくMade in USAのものばかり追いかけていました。もちろんその全てが手に入れられた訳もなく、お店に行ってはまずそういった憧れの品々を眺めて、店員のお兄さんとビビりながら話をしたり、手の届くものを買って帰ったりしていました。

Hurricane top も一時期は色違いで15枚近く持っていましたが、コンパクトにサイズアレンジされたり、生産国が変わってしまったりで何となくコレクション熱は醒めてしまいました。着ないものは友人に譲ったりして数は減りましたが、最初の一枚だけはやはり手放せずにいます。

僕がウエアハウスのアイテムで初めて手に入れたのも両Vタイプのスウェットでした (ジーパンはもう少し後です)。ヴィンテージのテイストを再現しているとかそういうことはどうでもよく、袖を通した時の柔らかさと肌触りの良さが格別でした。

「あ、これはあの時の感覚によく似てる」

というのが僕がウエアハウスの作るものに初めに感じた印象でした。Made in Japanでしたが、身幅の広さや洗って縮むところやプリントの雰囲気などなど…、何となくアメリカを感じさせてくれるブランドだなぁと思っていました(見た目にやりすぎていないのもよかったですね。そういうの多い頃でしたから)。

P1010796-thumbnail2
雑誌の影響で、4本針、ハメコミ、ハラマキなどのキーワードにいくつ当てはまるかでカッコいい度合いが決められていたような時代でしたが、ウエアハウスのスウェットはそういった雑誌を読んだりしていないような大人のお客様にもよく買っていただいていましたね。
(この頃はもうビビられる方の立ち位置です。長髪とか銀髪でした(笑))

10年以上経ち、縫製仕様やサイズバランスは変更されていますが、いい着心地やどことなく大陸的な大らかさを感じるユルさは相変わらずです。ジーンズの色落ちがよく取り上げられるウエアハウスのプロダクツですが、スウェットももっと騒がれていいと思うんですよね。着られたことのない方はぜひ一度試してみてください。あまりピタピタ過ぎないサイズがおススメです!

P1010798-thumbnail2

 - WAREHOUSE, 日記 , ,