Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

お掃除日和

      2014/06/05

P1000558-thumbnail2
マイWILD SWANS のBYRNE (バーン)も使い始めて3ヶ月経ちました。ちょっと掃除しようと思います。

P1000560-thumbnail2
P1000563-thumbnail2
中身が入ると当然お財布は膨らむわけですが、使い初めのころは革がピンピンしていてなかなかいうことを聞いてくれません。スナップボタンを留めるのにも苦労するのですが、手クセやポケットやバッグなどへのしまわれ方を徐々に覚えてくるころになると、ステッチの内側がぷくっと軽く膨らみ、愛嬌のあるフォルムになっていきます。履きはじめのブーツがだんだん足の形に馴染んできてシューレースをタイトに締められるようになるのと同じことですね。

この丸みと剛健なコバやステッチの組み合わせが何ともイイ感じです。表側のブラッシングはちょこちょこやっていたのですが、今日は中身を抜いて掃除します。

P1000573-thumbnail2
P1000565-thumbnail2
レザージャケットやブーツのお手入れにはブラシがあると便利ですが、小物の場合はクロスだけでも十分です。全体を軽くブラッシングして、その後クロスでこれも軽く磨きます。

札入れの内側や小銭入れの中などブラシで届かないところほどホコリがたまりやすいので、こういうところはホコリをふき取る感覚で磨いていきます。

P1000569-thumbnail2
はい、以上です。
あとは何もしません。まだ3ヶ月ですのでクリームやオイルなどは全く必要ありませんし、使うと返って革を傷めることにもなりますので、ここは乾拭きのみでOK です。反発力で革が締まって自然と型補正されてくるので半日~1日陰干しします。

P1000572-thumbnail2
このBYRNE は容量もかなりあります。中身を出してみると、コインが20数枚、プラスチック製カードが11枚、紙製カードが16枚入っていました (お札もちゃんと入っていますよ…)。

そしてやっぱり期限切れのサービス券もありましたのでこの機会に処分します。2~3ヶ月に1度、こうやって掃除してあげると道具としての耐久性は格段に上がります。長持ちさせるためには高価なクリームなどを使うよりもこういうマメなお手入れこそがポイントです (もともとのクオリティが高ければこそですよ)。

P1000571-thumbnail2
こちらは店頭分のBLACK です。濁りの少ない色味と強い光沢感は品もあって目立ちますね (BROWN も再入荷予定です)。高品質でベーシックなデザインのWILD SWANS の革小物はクリスマスプレゼントにもぴったりのおすすめアイテムですよ。

P1000575-thumbnail2

 - WILDSWANS ,