Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

夏に向かって

      2013/12/29

Exif_JPEG_PICTURE

ラクだから、ではないショーツの穿き方

昨日までの荒れた雨模様もようやく治まって、今日の横浜はいいお天気です。先日ご紹介したショートパンツもこういう陽気ならいけそうです。ちょっとあたたかくなるとすぐ短パンにTシャツ一枚っていう外国の方々をここらへんでも見かけますが、さすがにそれはちょっと早い(笑)。

街着を意識するならカバーオールやシャツなど襟ありのものをチョイスするのが基本です。クルーネックだと首回りがシンプルすぎてしまうから、という理由なのでフードもありです。スウェットとかアノラックなどなど。もちろん巻き物で代用もオッケーですよ。

Exif_JPEG_PICTURE

【Jacket】 Warehouse Denim Coverall
【Tee】 Warehouse Border tee
【Pants】 California Brand Floweral print shorts
【Shoes】 Birkenstock Zurich with Larrysmith

柄物に柄物を合わせるのは抵抗があるかも知れませんが、派手なカラーリングじゃなければ悪目立ちはしません。さらに上からカバーオールを羽織って見える面積を小さくしたのもポイントです。

Exif_JPEG_PICTURE

【Shirt】 Topaz Worker's shirt“Apalachee Mod”
【Pants】 California Brand Floweral print shorts
【Shoes】 Warehouse Outdoor canvas shoes

こちらはシャツ編。シャンブレーでもボタンダウンでも無地のシャツならほぼ問題なく合います。足元は少し軽めの印象のシューズ。これで少し物足りなく感じるようであればストールを巻いたりコットンベストを重ねたりするといいですね。重たくならない重ね着が基本です。

Let's go out !

Let's go out !

 - Import Item, スタイリング ,