Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

背中で魅せる

      2013/12/28

Exif_JPEG_PICTURE

online store

ウエアハウスのハイネックスウェットをオンラインストアにアップしました。

ボディーとコンビカラーのリブでハイネック仕様になっています。オリジナルヴィンテージは、おそらくフットボールなどアスレチッククラブのトレーニング用に使われていたモノじゃないかと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

online store

フロントは無地でカンガルーポケットが付いています。何と言ってもバックのこのラバープリントがインパクト十分。例えばダブルフェイスパーカなどが分かりやすいですが、こういったオーバータイプのスウェットは少しゆったりしたサイズの方がアメリカンないい雰囲気になると思います。

Exif_JPEG_PICTURE

online store

元々身幅を広めに作ってあるこのタイプのスウェットは、いつもより小さめサイズをチョイスしても着られてしまいます。ただ、そうすると着丈がかなり短くアンバランスになってしまうので、やはりタテヨコのバランスを考えて肩の線は落ちて当たり前に思っていただく方がイイです。ビタビタタイトフィットのマッチョとまではいかなくても、こういったアスレチックウエアがそれなりにサマになるような肩幅や胸板はあるに越したことはありませんが。

ゆとりが出ることで上にジャストサイズのアウターは羽織れなくなりますが、カバーオールやマウンテンパーカなど無理なく重ねられるものをシンプルに合わせるのがカッコイイかな、と。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

online store

コンビカラーになったリブ部分はアクリルにコットンとウールを加えてあるので、コットン100%のしっとりした肌触りのボディー部分と違ってさっくり軽い肌触りです。こういう素材使いも防寒用をうかがわせるディテールです。首回りがチクチクするほどウールは主張していないのでご安心を。

オンラインストアにもアップしてありますのでご覧ください。⇒ Matthews Online Store

テレビで見た中村屋の口上、うっかりもらい泣きするところでした

テレビで見た中村屋の口上、うっかりもらい泣きするところでした

話は変わりますが…
いやビックリしました。昨日は休みにもかかわらず明け方に目が覚めてしまい、なぜか二度寝する気にもならずテレビを見ながらかなり早い朝食を摂っていたところに臨時ニュースのテロップ。歌舞伎のことは全く分かりませんが、個人的には息子の結婚披露宴で嬉しすぎて飲みすぎてベロベロになってる姿が好きでしたねぇ。

 - WAREHOUSE