Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

派手?

      2013/12/07

Exif_JPEG_PICTURE

多色ネルの着こなし提案

連続ネタで恐縮ですが、このネルシャツ派手じゃない? というお話です。

確かにメンズシャツでこういった多色のシャツは、ドレスはもとよりカジュアルでもネルシャツ以外ではあまり見ません。そのせいか、着たことの無い人にとっては「えー…こんな派手なの着らんないよ」 となりがちです。

なるほどウチで扱っているネルシャツはそんなのばかりです。でもですね、実際に袖を通してみると多色で派手に映るものほど意外と着合わせしやすいんです。店でも着てみると 「いやいやいやこんな派手な……案外イケますね」 という方、多いです。

ビジネススーツでもレジメンタルやドットなど柄物タイを合わせる時には、スーツ本体やシャツに使われている色と同系統の色を入れるべしというセオリーがあります。それと同じことです。全く同じ色じゃなくていいんです。同系統。ここポイントです。

青だったらネイビー、ロイヤル、サックスブルー。赤だったらレッド、ボルドー、ピンクなどなど。シーズンの定番色ブラウンも赤系統にカウント出来ます。ということは多色のネルシャツほど、合わせられるインナーやパンツのカラーバリエーションは(文字通り)多彩になるというわけです

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ネイビーやボルドーのインナーを使うとこんな感じです。それぞれサックスとボルドーがシャツの挿し色になっていますので、それと合わせた感じにしました。もちろんこれにパンツやシューズの色も加わりますので、少し締めたいのなら落ち着いた色のものを持って来ればいいんです。

Exif_JPEG_PICTURE

この場合はスウェットのベース(オートミール)・プリント(ブラウン)をシャツの1色(アイボリーとボルドー)にそれぞれ合わせてみました。ただ全体がベージュ~オートミールとボヤッと淡い色合いなので、こんなワインレッドのコーデュロイで温かみをプラスするといい感じですね。↓

Exif_JPEG_PICTURE

目安として、髪の色が茶色っぽい人は赤系、黒みの強い方は青系のネルシャツが馴染みやすいと思います。やっぱり秋冬シーズンは街並みも重く暗くなりますので、ちょっと明るい色目のシャツを着てもらうといいんじゃないでしょうか!

着たことないからとあまり敬遠せずに、色々袖を通してみて似合うカラーの1枚を見つけてください!
(案外2トーンのブロックチェックみたいなものの方が難易度は高いのですよ)

Exif_JPEG_PICTURE

私がよくやるのはサックスブルーなどが挿し色に使われているシャツをブルーシャンブレーと合わせるシャツonシャツ。こういうシャツの重ね着はあまりやっている人がいないのでおススメです。

しかし本人はまさかの白(笑)

しかし本人はまさかの白(笑)

 - WAREHOUSE, スタイリング ,