Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

バリエーションとコンビネーション

      2013/12/26

Exif_JPEG_PICTURE

ウエアハウスの新着ネルシャツをオンラインストアにアップしました。

深みのあるエンジがいい雰囲気です。以前違う柄を紹介した時に、「ディテールもだいぶ固まってきました」 なんて書きましたが、スミマセン、今回のはポケットの形が違いました。フラップ無しで角ばったシェイプ。こちらの方がよりワークシャツらしい面構えですね。

Exif_JPEG_PICTURE
カタログを見るにSax とDark red の2バリエーションとあります。これ、一見サックスとエンジを反転させただけのように見えるのですが、現物を見るとビミョ~にトーンが違います。

Exif_JPEG_PICTURE

online store

手前シャツのアクセントカラーとして使われているエンジは、奥のシャツのベースカラーになっているエンジよりもほんのちょっとだけ明るいトーンです。ほんのちょっとだけです。製品染めや反物染めよりも手前で色を入れる糸染めですから、この違いは思ったより手間のかかる仕事です。

柄としてのイメージをまとめつつ、隣り合う色の組み合わせを考えての微調整。シビれますねえ。

裏地を少し長めに起毛させてあります。これで柔らかくあったかくなるのです

裏地を少し長めに起毛させてあります。これで柔らかくあったかくなるのです

online store

と言っても買って着るのは大抵どちらか1色だけですから、使われている色が微妙に違うからなんだと言われてしまえばそれまでです。作り手のエゴといえば確かにそうですね。

でも、ただカラーバリエーションを増やすのではなくて、それぞれを「1枚の洋服」 として完成度を高めるって、当たり前の様で実はとても難解な事のような気がします。たくさんの種類や数を作っているメーカーになればなるほど。そういう意味でもウエアハウスって変わったメーカーだなあと思うのです。

シンプルコーディネートでも印象的なシャツ

シンプルコーディネートでも印象的なシャツ

online store

ネルシャツを2枚重ねて着るなんてことはないですし、ひとつの柄で色バリエーションだけが多くてもあんまり意味ないですね(笑)。作り手が 「これだ!」 とした服を見て、着て、「いいね!」 と思う人がひとりでも多くなれば、作り手も、買った人も、その服もみんな幸せなんじゃないかと思います。もちろん販売人も。

 - WAREHOUSE ,