Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

グリーングラデーション

      2013/12/04


Exif_JPEG_PICTURE

最初にお知らせです。

24・25日は発送業務をお休みします。ご注文は可能ですが、お届けは27日(水)以降になります。ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

グリーンのコントラストが美しいウールジャケット

Topaz のウールハンティングジャケットが入荷しました。

うっすら綾目が浮いているダークグリーンのウールボディーにモスグリーンのパッチポケット。布帛部分はパラフィンを染み込ませて撥水加工をしたダック地です。ここもグリーンでまとめた渋いトーンのウールジャケットです。

身頃のパラフィンダックは下部分はボディーに縫い付けずに浮かせてあります。フロントに関してはこの部分がチェストポケットのオーバーフラップも兼ねるデザインになっています。

Exif_JPEG_PICTURE

Online Store

スリーブ部分はあえて外側にダブルステッチが走るようにしています。エルボーパッチとしてここにもパラフィンダックをあてているんですが、肉厚ウールにダック地を重ねてその上巻いて、さらにヘリンボーンのパイピングテープを縫い合わせたあとに袖口を折り返し縫いなんてよく縫ったなコレ。正確には縫わせたな

折り合わせた硬くて厚い生地をパワーのある工業用ミシンで縫う場合、モーターの勢いに任せて走らせると針がすぐ折れてしまうんです。僕もデニムリペアで折った経験何度かありますが、こういう時は荒れた急坂をローギヤでじわじわ上るようにゆっくりミシンを動かさないといけません。相当イヤな顔されたでしょうねえ(笑)。

ですがTOPAZ に限らずマニアックな国内ブランドは、工場にこういう面倒な縫製を頼んで仕上がりにダメ出ししてまた頭下げて、というのを繰り返してようやくここまで来たんですね。結果工場の縫製技術も上がって世界中のブランドに頼られるようになりました。

細部にこだわる日本人の気質に因るところもありますが、初めから世界トップレベルだったわけでは決してないのです。

裏はフルパイピング仕様

裏はフルパイピング仕様

この重なりは折り曲げるだけでも大変ですよ

この重なりは折り曲げるだけでも大変ですよ

⇒ Online Store

ちなみに「この縫製やって」と僕のところに持ってこられたら、イヤな顔はしませんが難しい顔はたぶんします。布帛は一度縫うと針跡が付いてしまうので、キレイに仕上げるためにはほぼ一発勝負です。針を落とす前の下準備にも一切気が抜けません。

Exif_JPEG_PICTURE

アイテムを重ねるならダークトーンがベター

【Jacket】 TOPAZ Wool Hunting Jacket “KALAMAZOO”
【Shirt】 TOPAZ Worker's shirt “TEXAS” (stripe)
【Vest】 TOPAZ Fleece Hunting Vest
【Pants】 Keaton Chase Corduroy trousers
【accessories】 Highland2000 Bobcap

このステッチワークはビジュアル的な意味もありますが、ヒジ側からもアールをかけることが出来てTopaz らしいシャープなスリーブシルエットになったところがポイントです。

この細いシルエットはオーバーコートというよりジャケット。ボリューミーなインナーはちょっと辛いかも。プリントスウェットや明るいカラーのネルシャツ一枚で着る場合はそのままシンプルで構いませんが、重ね着をする場合はコントラストが強すぎない様に暗めのトーンでまとめるとイイ感じです。

40(L)サイズが僕にはジャストです。中肉で身長175cm位までなら38(M)でオッケーですね。ベスト使いは腕を動かしやすくなおかつ暖かさもカンペキ。鉄板コーディネートになるんじゃないでしょうか。やっぱり重ね着にチャレンジしてほしいですね

Exif_JPEG_PICTURE

⇒ Online Store

風よけのチンガードも付いています。赤みがかった削り出しのナットボタンが印象的ですね。

 - TOPAZ, スタイリング , ,