Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

Russell Moccasin Knockabout

      2013/12/15

Exif_JPEG_PICTURE

ショックだったMade in U.S.A.

前回ちらっとお伝えしましたが、コイツがようやく入荷してきました。ラッセルモカシンのブーツ、Knockabout(ノックアバウト) です。

「なにこのカッコえぇブーツ!!」

高校生の頃にファッション誌で初めて見た時のショックは今でも忘れられません。ヒザ上丈のショーツに無地のTシャツ、ランチのインディゴキャップまでネイビーでまとめたスタイルに合わせていたのがブラウンのKnockabout でした。

当時知っていたブーツの種類なんてたかが知れていますが、編み上げでもエンジニアでもウエスタンでもない見たことの無いカタチのブーツでした。高校生には手の届かないプライスで、地元じゃ現物を見られなくて……以下この時と同じです。

実際に手に入れたのは22~23歳の頃だったと思います。まぁマネしましたよ、全身ネイビーのショーツスタイル(笑)
(相手はモデルさんなので、見た目7割減てとこでしょうか……)

モカシンがピンと来ない方のために説明しますと、靴と言うのは通常足の上から覆い被せた革と、足裏側に置いたアウトソールを足の外周でぐるりと縫い合わせます。超簡単に言いますと上と下で足をサンドイッチにするわけです。でもモカシンの場合は革だけで下から足を全て包んでしまいます。

E38381E383BCE382BAE382B1E383BCE382AD-thumbnail2

これに例えるなら、クラッカー生地部分が革でチーズクリームが足です。さらに表面をブルーベリーソース(革)でフタをして平皿(アウトソール)に乗せたら完せ……

え、例えになってない?うーん、ではこれでどうでしょう。

最初からそれを出せ

最初からそれを出せ

で、ラッセルの場合はダブルヴァンプとかダブルモカシンとかマッドガードとかトリプルヴァンプとかオプションがいくつかありますが基本はこのシングルヴァンプです。

インソール部分と側革が一枚なので足馴染みがとてもイイんですね。レースアップのごっついワークブーツが “足をホールド” するなら、ラッセルの場合は “足にフィット” する感覚です。

おう、呼んだか?

おう、呼んだか?

いえ、お呼びしてません、師匠。秋までそこで寝ててください。

単なる自慢です参考画像です

単なる自慢です参考画像です

財力がついてからは結構買い集めましたね。サイズがアレで里子に出したのが2足ほどありますが、みんな現役です。(あの子たちは元気でやっているかのぅ…)

Exif_JPEG_PICTURE

Russell といえばこのカタチ

それでもやっぱりあのファーストインパクトがいまだ鮮明で、僕にとってはRussell Moccasin といえばこのカタチなのです。Redwing やWESCO とはまた違ったイメージのアメリカを連想させてくれるグッドプロダクツです。

ピキッ#

“Knockabout” は 「うろうろする(歩き回る)」 といった意味があります。たとえばキャンプ場でのアクティビティーの際に、コテージやテントに出たり入ったりの時にも脱ぎ履きしやすく、それまで履いてきたトレッキング用のハードブーツに比べてリラックスできるようにというイメージで作られているブーツです。

Russell は色違いを含めるとかなりの数のレザーオプションがありますが、しなやかで柔らかい革が多いです。アウトドアのハードな環境といっても、ハンティングの時に歩き入るブッシュ位なのかもですね。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

通常のKnockabout には付いていないストラップ。シューレースの代わりにこれでフィッティングを強くすることも出来ますが、インソールが馴染んでくれば脱ぎ履きの度に締めたり緩めたりする必要はほとんどありません。デザインとしてのアクセントの役割の方が大きいかなと思います。ソールはローヒールのStandard Crepe Sole です。Russell Boots というと硬めラバーのGro-Cord Sole(グロコードソール) がお約束だったのですが、もうこれ今は作っていません。

Grosjean さんが作ったのでGro-Cord

Grosjean さんが作ったのでGro-Cord

Standard Crepe も、叩くとコツコツ音のする硬い感触や厚すぎないボリュームはGro-Cord によく似ていて、スマートなアッパーによく合います。柔らかい革質なのでジャストサイズを選んでも足先が痛くなるようなことは滅多にありませんが、ハーフサイズ程度大きめにしていただくとシルエットが崩れなくていいかと思います。

革質違いなのでイメージカットですが

革質違いなのでイメージカットですが

硬くて重くてハードなものこそアメリカンブーツだ、という方にぜひ履いていただきたい一足ですね。

ピキキッ#

初体験で目からウロコになること請け合いです。オンラインストアにもアップしてありますのでご覧ください。⇒ Matthews Online Store

 

あっ、師匠。どうしたんですか?
え? ちょっとウラに来い?
・・・ハハハ、ちょっと急ぎの用事があるのでここで失れ

     ガシッ
テメー チョットコッチコイ
ヽ(゚ー゚メ)-C<(/;◇;)/ イヤ ケッシテバカニシタワケデハ

 - Import Item , ,