Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

Snood on man

      2014/05/12

西日に照らされてキラッキラしてました

西日に照らされてキラッキラしてました

さあ12月。徐々に空気が澄んできて朝焼け夕焼けのキレイな季節になってきましたね。

今日はコーディネートセットの紹介です。マフラーのように首に巻くスヌードはレディースから始まったこともあって、男性のカジュアルとしてはあまり思い浮かばないかも知れません。今回はそんなスヌードを使ったスタイリングを提案したいと思います。

RIMG0410_03

⇒ Coordinate Set

ボリュームあるマフラーは0,5アウターとしてカウントしましょうと以前書いたので、それを踏まえてダウンベストと合わせました。

レディースカジュアルはひらひらのワンピースに重ためのアウターですとかショーツにウエスタンブーツなど、オトコ目線で見ると許されるミスマッチやアンバランスの範囲がかなり広いです(露出が大きいと嬉しいのは置いといて)。それに比べてメンズカジュアルはミリタリーやスポーツウエアなど、基本(というか起源)が"制服"なので、しっかり着こむことでレディースのイメージを払拭できます。

ネルシャツとスヌードは柄×柄になりますが、同系色でまとめると落ち着きます。インナーには地味でも素材感のあるウールニットを。ここにすっきり色落ちしたオーバーサイズのジーンズを腰穿きしてストリート感もプラスです。カーゴパンツもいいですし、キレイにまとめたければウールパンツや細身のコーデュロイもアリです、アリ。

Exif_JPEG_PICTURE

⇒ Coordinate Set

ネルシャツは裏起毛してますし、これだけ保温力のあるアイテムを組み合わせれば、フロントを開けて軽さを出しても大丈夫。ロン毛歴のある方はお分かりと思いますが、スヌードが後ろ首にかかっているだけでも結構暖かいものです。それでも寒い最後の最後は襟元をちょっと上げて後ろ頭をカバーしつつベストを閉じたりぐるぐる巻いてvs.冬将軍とまいりましょう。負けないぞ。


まあ、極寒地域を除いて日本でここまでやると不審者認定になっちゃいますのでご注意を(笑)。

 - スタイリング