Matthews' Issue

アメカジオンラインショップのマニアックブログ。アメリカンカジュアルは面白い!

ブラウンにはサックスブルーを

   

Exif_JPEG_PICTURE
Topazのボーダーフランネルシャツをオンラインストアにアップしました。

チェック柄が主流のネルシャツにはちょっと珍しいこのボーダータイプ。実はこれ、ウールフィラメントの周りをコットンで巻いた糸を使っています。なるほど言われてみればラインドカバーオールの裏地にありそうな柄。

Exif_JPEG_PICTURE
ウールが表に露出していないので特有のちくちくした肌触りはなく、しっとりふんわりしたコットンのそれ。それでいてコットン100%のネルシャツより保温性は上なのです。

濃いブラウンのシャツなどを見ると、秋冬シーズンだなあという気になってきますね。このシャツにはスカッと薄いブルーに色落ちしたジーンズがオススメです。

RIMG0569_03
【Shirts】 Topaz Worker’s Shirts "GENERAL"(Border flannel)
【Vest】 Topaz Fleece hunting vest
【Pants】 used Levi's 501
【Shoes】 Russell Moccasin Zephyr Boots
【Accessories】 ficouture Travel felt hat

ジャストサイズの501にネルシャツだけではあまりにプレーンなので、凝ったデザインのベストとハットをプラス。

8300593792_67b6e8ba9a_z

秋冬はファッション的にも暗くて濃い色合いのアイテムが多く、スタイリングもそっち中心になりがちです。ただでさえ街並みが暗く沈みがちなのだから、意識的に薄いカラーを選ぶときがあっていいと思うんですね。

着慣れているブルージーンズの色が薄いだけですからハードルも高くないはず。「明るい色を!」と言ってもイエローやピンクのアウターはなかなか難しいですもんね。もちろん単純に相性のいい2色でもあります。

RIMG0584_03
薄いブルーを使うからシャンブレーシャツでもOK。枯れたような薄い色のアイテムをひとつふたつ採り入れるのが、スタイリングがマンネリにならないためのポイントです(ま、アメカジ自体が大いなるマンネリであることは置いといて)。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

松下的には薄いジーンズにはスウェードブーツを合わせるのが好きです。別注で作ったRussell Moccasinはなるべく雨に遭遇しないように履き時を選んではいますが、大したケアも必要とせず2年経ちました。

ブーツってやっぱり重くて固いので、歩き方に気を使っていても、結局アウトソールの外側だけズバッと減ってしまいます。でもコイツは固いというよりしなやか。スリップオンなので足首をホールドしないし、足裏部分が柔らかくてフィットするのでこんな程度で済んでいます。合格点どころか飛び級ですよ、飛び級。

Exif_JPEG_PICTURE
Russell Bootsは重くもないですし、履き心地は抜群です。シャフト(筒)部分がもうちょっとくったりしてくれるとルックス的にももっと好みなのですが、あと3年位はかかりそう。

オンラインストアはこちらです。 ⇒Matthews Online Store

Sundown Winter Boston / 52786697@N00

 - TOPAZ, スタイリング , ,